予防歯科

予防歯科とは

患者さんが歯科医院にこられる、大きな理由として、虫歯と歯周病という二つの歯科疾患が原因となっています。 この大きな二つの歯科疾患を防ぐことは、これからの歯科治療の重要なところになるでしょう。

当院では、歯科衛生士2名、さらに歯石取りのインストラクターも在籍し、予防専用室を完備しています。 歯周病予防に質の高いレベルで取り組んでおります。

予防に対する意識を持つことで、より健康な歯を手に入れましょう。

PMTC

Professional mechanical tooth cleaning(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)の略で、 ブラッシングでは限界のある歯垢(プラーク)を医院で清掃・除去をすることです。 歯と歯肉の間や歯と歯の間といった、ご自分では難しい場所でも、専門の器具を使い取り除きます。 自費診療のもので多少お金はかかってしまいますが、歯周病の治療や予防にも高い効果が見られます。

ブラッシングテクニック

ブラッシングテクニックブラッシングはさまざまな種類・手法があり、場所や症状によって使い分ける必要があります。 正しいブラッシングを覚え、効果的に虫歯や歯周病の予防を自分で行うことができます。

ダイアグノデント

ダイアグノデント

ダイアグノデント2

KaVo. Dental Excellence.ロゴレーザーを使った虫歯の検知器です。 今までの虫歯の診断は、歯科医院によってはさまざまになります。このダイアグノデントは、虫歯の検知をより明確にすることで適切な治療を促すことができます。

3DS

この3DSとは、う蝕(虫歯)や歯周病(歯槽膿漏)のリスクである細菌を、今までは、手つかずであった領域に踏み込んだ治療方法です。 ドラッグ・リテーナと言われる(マウスピース)を用い、薬を歯や歯茎に一定期間作用させ、最近を除去するシステムです。

フッ素・シーラント

フッ素は歯や骨によい影響を与えることで知られています。人間の歯の表面は、人体の中でもっともかたいエナメル質でおおわれていますが、虫歯になると溶けてしまいます。 フッ素はこのエナメル質(ハイドロキシアパタイト)に取り込まれるとフルオロアパタイトというむし歯に強く溶けにくい物質に変えることが可能です。 虫歯予防に用いられるフッ素の成分は、お茶や紅茶の中に含まれている自然のフッ素イオンと全く同様のものです。
また、シーラントはおもにお子さまに向けて行う予防治療です。フッ素を放出する薬剤で奥歯の溝など虫歯になりやすい部位に塗ります。

サリバテスト(唾液検査)

当医院では唾液検査を行い、それぞれの患者様の口の中の虫歯になりやすいリスクがあるかどうかの判定を実施しております。
唾液検査では、唾液量、緩衝能(食事をすると口の中が酸性になり、唾液のアルカリで中性にもどす作用)、虫歯のきっかけを作るミュータンス菌、 虫歯を進行させるラクトバチラス菌の量を調べます。味のついてないガムを噛んでいただいたり、検査棒を舌に当てていただいたり、 簡単で時間のかからない検査です。こちらの結果を元に患者さん一人一人にとって最適な予防・治療計画を練らせていただいております。

削らない虫歯治療「カリソルブ」

虫歯になってしまったら・・・

虫歯治療における最大のリスクは、歯を削らなければならないことです。このリスクを回避するために生まれたのが「カリソルブ」です。カリソルブは、歯科先進国・スウェーデンで生まれた画期的な虫歯治療薬。歯を削ることなく、虫歯だけを除去することができるため、ご自身の歯を長く維持することができます。カリソルブは、厚生労働省の認可を受けた安全な歯科材料ですので、お子様から高齢の方まで幅広くご利用いただけます。

「カリソルブ」治療の流れ

1.カリソルブ塗布・浸透

カリソルブ塗布・浸透

専用の器具を用いて、虫歯にカリソルブを塗布します。
感染した歯の象牙質が浸されるよう、十分な量を塗布します。
塗布後、30秒ほど待ち、カリソルブを患部に浸透させます。

2.虫歯の除去

虫歯の除去

カリソルブの塗布によってやわらかくなった虫歯部分を取り除きます。

3.詰め物

詰め物

1~2の工程を繰り返し、虫歯を完全に除去したのち、歯科用プラスチックや金属などの詰め物をして完了です。

東京都八王子市|診療予約|三原歯科クリニック